広田丈二「パーソナルバンクオーナークラブ」情報商材レビュー!

比較的暖かめなクリスマスですが皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

リア充撲m・・・悪徳詐欺撲滅委員会のHです。

今日レビューするのは広田丈二さんの「パーソナルバンクオーナークラブ」です。

まず最初に結論から言うと「パーソナルバンクオーナークラブ」は、悪質な詐欺情報商材です。

100%お金を増やし続けてくれます。リスクは1%もありませんという超強気な見出しが良い味を出しています。これで信じてみようと思う人が本当に存在するのか疑問ですね。

このパーソナルバンクオーナークラブなのか、ビリオネアコインバンクなのか、ビリオネアマネーバンクアプリなのか、よくわからない無料オファーが何故詐欺なのか徹底的に検証していきましょう!

最新情報:2018年、広田丈二さんの新しい詐欺商材レビューはこちら→広田丈二「NEXT LIFE PROJECT(ネクストライフプロジェクト)」情報商材レビュー!

もしも…
「既に詐欺被害に遭ってしまい、どうすれば良いかわからない」
「返金やクーリングオフはできるのか専門家に相談したい」
という方のために無料相談を行っているサイトもあります。
詳しい内容が知りたい方、一度相談してみたい方は法律全般相談さぽーとをご覧下さい。

「パーソナルバンクオーナークラブ」は危険な詐欺商材だ!

まず、こちらがパーソナルバンクオーナークラブのランディングページです。URLを見る限り他に2つランディングページがあったのかも知れませんが見つけられませんでした。

パーソナルバンクオーナークラブ
http://personal-bank.com/personal_bank1/

パーソナルバンクオーナークラブ
http://personal-bank.com/billionaire_coin2/

パーソナルバンクオーナークラブ
http://personal-bank.com/project5/

ページによってパーソナルバンクオーナークラブであったり、ビリオネアコインバンクや国民救済プロジェクトと別の名称で書かれていますが、メールアドレス登録後に飛ばされるページは全てパーソナルバンクオーナークラブのページでした。

内容は典型的な詐欺系の無料オファーです。完全自動、100%、1000万円保証、作業なしという言葉に溢れています。

では早速、特定取引法に基づく表記を確認していきましょう。

販売者氏名
広田丈二
販売価格
0円(無料メルマガ配信)
引き渡し時期
メールアドレス登録後即時。
問い合わせ先
info@rid-company-limited.com
確認事項
当社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。当該個人情報は、お客様の同意を得た場合、法律によって要求された場合、あるいは当社の権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き、第三者に提供することはありません。なお本キャンペーンにご登録された場合、広田丈二が発行するメールマガジンを送ることに許諾いただいたものとします。

んん?販売会社も所在地も電話番号もありませんね。

個人で販売していたとしても特定取引法に基づく表記を記載する場合には最低限、所在地と電話番号の記載をしなければなりません。

つまり特定取引法に基づく表記の記載内容に違反しています。ですので違法です。

更に言うのであれば、これは無料メルマガ配信に関する表記です。

あくまで0円なのは無料のメルマガ配信だけと言う事なのでしょうw

では無料登録した後に表示されるページはどうなのか?

そもそも特定取引法に基づく表記自体がありません。詐欺確定です。

この時点でこのパーソナルバンクオーナークラブのレビューを終了しても良いのですが、まだまだ詐欺である事を裏付けるような面白い証拠が沢山出てきましたので続けて見ていきましょう。

ボロボロ出てくる広田丈二の嘘八百

さてランディングページや登録後のページにある動画を見ているとこんな事が書かれていました。

 

「こうした証拠画像というのは本当に偽造・加工されたものがもの凄く多いんですね。」

パーソナルバンクオーナークラブ

「一切嘘・偽造無い本物の証拠を完全公開」

パーソナルバンクオーナークラブ
 

なるほど?この情報商材に関する内容に嘘・偽造がないと言う事で良いでしょうか?

まず経歴から見てきましょう。

パーソナルバンクオーナークラブ

ふむふむ、とても素晴らしい経歴をお持ちなんですね。

あのマサチューセッツ工科大学を卒業しているなんてスーパーエリートです。

さらにミャンマーの経済的復興に成功し、孤児院に多額の寄付までしている聖人君子です。

しかし、名前で検索しても情報商材に関するページしか出てきません!不思議ですね!

それ以前の経歴がまったく書かれていない所に手抜きを感じますが早速、化けの皮を剥いでいきましょうw

ランディングページや動画内にマサチューセッツ工科大学の卒業証書が映っていましたよね。

パーソナルバンクオーナークラブ

パッと見ただけでは見抜けない程よく出来ていますが、この卒業証書は偽物です。

何故偽物だと分かるのか、理由は簡単です!

英語でマサチューセッツ工科大学の卒業証書と画像検索をすると一発で分かりますw

よーく見ると広田さんの卒業証書には何かが足りません。

そうです、卒業証書に書いてあるはずの日付です。

卒業証書に入っているはずの日付が広田さんの卒業証書には入っていないのです。

実際、日付の入っていない卒業証書の画像を掲載している元サイトを見ると証書を飾る為のフレームの通販サイトだったりフェイクだったりします。

ここでもう一度先ほどの画像を見て見ましょう。

 

「こうした証拠画像というのは本当に偽造・加工されたものがもの凄く多いんですね。」

パーソナルバンクオーナークラブ

「一切嘘・偽造無い本物の証拠を完全公開」

パーソナルバンクオーナークラブ
 

どの口が言っとんじゃぁ!

 

次に広田さんがオーナーを務めるミャンマーの銀行について調べてみました。

パーソナルバンクオーナークラブ

広田家で代々受け継がれてきた銀行との事でしたが、本当なのでしょうか?

実際に動画内で何故かモザイクになっていた銀行の無修正画像を発見したのでご覧ください!

パーソナルバンクオーナークラブ

KBZ BANK?これが広田さんの銀行なんでしょうか?wikiがあったので引用します。

Kanbawza銀行(略記KBZ銀行)の民間商業銀行であるミャンマー。この銀行は、1994年7月1日にシャン州のタンギで設立されました。KBZ銀行は、KBZグループのコングロマリット(Aung Ko Win aka Saya Kyaung によって設立)の一部です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Kanbawza_Bank

創業者は広田家ではなくアーン・コ・ウィンさんという方のようです。
開業が1994年と割と新しく、広田家はおろか日本人は全く関係ありません。

ですので、広田さんの銀行と言う動画内の話は真っ赤なウソです!

最後に動画内で年利1000%~1800%と広田さんが話している件についてツッコミを入れておこうと思います。

世界最高の預金金利ってどのくらいだと思いますか?

1位のアルゼンチンの銀行で約20~25%ほどです。これでもビックリするほど高いのですが年利1000%がどれほど非現実的な数字か分かると思います。

さらにランディングページにデカデカと書かれている1万円を1年で10億円にした銀行の年利を計算してみましょう。

その金利はなんと9,999,900%!!!

パーセントで言われても分からん!と言う人に分かりやすく言うと
元手の1万円を2年放置すると100兆円になる計算です。んなアホな。

ちなみに世界の半分の資産を持っていると言われている長者番付トップ8の合計総資産が約426兆円です。

情報商材に関わってからそこそこの年月が経ちますが、ここまで馬鹿げた無料オファーはそうそうありません。

事実の部分が本当にあるのかどうか疑わしいレベルです。

間違いなく高額がバックエンドが存在して、払った所で持ち逃げされるのがオチでしょう。

判定

以上の事から撲滅委員会では「パーソナルバンクオーナークラブ」

悪徳な詐欺情報商材

と認定します。

もし騙されたと思ったら

個人で悩むよりも消費者センターか国民センター、または弁護士に相談しましょう。

一人で解決しようとしても、相手は人を騙す事で生計を立てているプロです。
正当性のない法律の主張や巧みなセールストークで丸めこまれてしまう事も少なくありません。

しっかりとした知識を持った専門家の力を借りましょう。

消費者センター・国民センターに相談

消費者ホットライン 188(局番なし)

最寄りの消費生活相談窓口に繋がります。
土日も国民生活センターの窓口に繋がり相談する事が出来ます。
受付時間は最寄りの窓口にもよりますが大体10時~16時です。

弁護士に相談

法律全般相談さぽーと

法律に関する無料相談を扱っている弁護士紹介サイトです。
24時間365日、相談を受け付けており匿名での相談が可能です。

稼げる副業紹介所

稼げる副業をお探しの方には、こちらの紹介所をオススメしています。
副業に興味があるという方は是非ご利用ください!
配信希望の方は下記QRコードからお友達の追加をお願いします。(タップでも追加できます。)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ