「サイレントワーカー」詐欺副業?運営会社Valley Deity Pte Ltdは怪しい?

ここでは数ある副業やネットビジネスの中から優良と思われる商材を紹介していきますが、様々な視点から検証していきますので参考にしてもらえればと思います。

今回、検証していくのは…

サイレントワーカー(Silent Worker)という運営会社Valley Deity Pte Ltdのネット副業。

楽しみながらお金・仕事・将来の不安が消えて月収を自分で選べるという新感覚のネットビジネスのようです。

ビジネスとしても空いた時間を利用して活用出来るようで便利で使いやすそうな優良商材ということが考えられそうですがどのような副業なのかを評価していきます。

サイレントワーカーの運営会社Valley Deity Pte Ltdの評判

サイレントワーカー(Silent Worker)はValley Deity Pte Ltdが運営事務局をしている副業ネットビジネスになります。

 

特定商取引法に基づく表記
運営者 Valley Deity Pte Ltd
運営責任者 HO MUN EE
所在地 111 Somerset Road #06-01 TripleOne Somerset wing, Singapore 23816
電話番号 +65 6732 0600受付時間10~19時(土日祝除く)
メールアドレス valleydeity.sg@gmail.com
表現及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
著作権 著作権については全て当サイトに帰属します。複写複製・転売・転載は禁止とします。このサイト及び情報は著作権・商標権、その他の知的財産権により保護されています。このホームページまたはコンテンツ・画像等全てを著作権者に無断で使用・複製送信・頒布・改変・翻訳・デザインの模倣等利用することは著作権法違反となります。
特記事項 当サイトの準拠法はシンガポール国法とします。
お客様と弊社との間で訴訟の必要が生じた場合、シンガポールの裁判所を第一審の専属的な管轄裁判所とします。

上記はサイレントワーカー(Silent Worker)の特定商取引に基づく表記になりますが、副業やネットビジネスを検証していくときに特定商取引に基づく表記を確認するのはとても重要です。

特定商取引に関する法律」第11条に基づき、特定商取引法に基づく表記は記載することが義務付けられていますが噓や詐欺まがいな副業、怪しい悪徳会社の場合、やましいことがあるので記載しないことがよくあります。

サイレントワーカー(Silent Worker)の特定商取引法に基づく表記は必要項目が全て記載されているのが確認することが出来るので怪しい副業や詐欺副業ということは考えにくいと思います。

このValley Deity Pte Ltdですが、どのような会社なのかを調べてみるとシンガポールのIT企業が集まる中心都市に会社がある企業だということが分かりました。

海外の会社ということで怪しいと感じる人もいるかもしれませんが、特定商取引に基づく表記に不備はなく一般企業としても変わった点もないので特に心配する必要もなさそうです。

また、IT事業の一環としてサイレントワーカー(Silent Worker)を運営していたとしても何も怪しい点はないと言えそうです。

運営会社Valley Deity Pte Ltdについてもインターネットで調べてみた結果、特に怪しい評判などもなさそうでした。

以上のことから、サイレントワーカー(Silent Worker)の運営会社Valley Deity Pte Ltdに詐欺要素や怪しい要素は見当たらないので優良商材の期待値が高いと考えても良いかもしれません。

サイレントワーカーは怪しい?Valley Deity Pte Ltdの戦略

サイレントワーカー(Silent Worker)はValley Deity Pte Ltd運営の先ほども説明した通り、楽しみながらお金・仕事・将来の不安が消えるネットビジネスとして紹介されています。

  • 楽しみながらお金・仕事・将来の不安が消える
  • 月収を自分で選べる
  • 完全在宅
  • 経験不問
  • 無料サポート有り
  • 顔出し一切不要
  • 3ヶ月間収入保証
  • 未経験&初心者でも安心
  • 一部上場の企業も参入する事業

サイレントワーカー(Silent Worker)がどのような副業なのか公式サイトを見てみるとこのような情報を得ることが出来ます。

ですが、肝心の何をして稼いでいくのか具体的なことは無料登録するまでは分からないようになっています。

これには理由があって「情報漏洩を防ぐため」「本気で稼ぎたい人に稼いでもらうため」というようなことを目的としていることが考えられます。

公式サイトに全ての情報を掲載してしまうと情報漏洩にも繋がる可能性があり、稼ぐ気がない冷やかしや業者などの登録者が増えて万全なサポートを提供できなくなる恐れもあります。

このようなことを防ぐために敢えて詳しい説明はせずに無料登録後に公開するという運営会社でもあるValley Deity Pte Ltdの独自の戦略になっていると感じます。

情報が少ないと怪しいと感じる人が増えたり、登録者の減少にも繋がる可能性もありますが「楽しみながら稼ぐ」という副業を再現するために公式サイト内では最低限の情報に抑えているのだと思います。

以上のことからサイレントワーカー(Silent Worker)は情報が少ないからといって怪しい副業という訳ではなく、運営会社Valley Deity Pte Ltdの独自の戦略の一つになっているということが考えられそうです。

 

サイレントワーカーは稼げる月収を自分で決める副業

サイレントワーカー(Silent Worker)は稼げる月収を自分で決める副業ということは冒頭でお伝えしました。

本来であれば、月収を自分で決めるなんて会社の社長クラスでなければ難しそうですが、サイレントワーカー(Silent Worker)の推しポイントは自分の月収を自分で選べると書かれているので通常の副業とは少し違った内容になっていそうです。

ネットビジネスや副業と聞くと、「詐欺」「嘘くさい」「怪しい」といった批判をされがちですが、サイレントワーカー(Silent Worker)なら今まで副業に失敗した方や初心者にも安心して作業を進めて副収入を手に入れることが出来るように思います。

LINEからお申込み→収入の受け取り設定→収入の確認→利益獲得

このような流れの副業であるということは予想出来そうですが稼ぎ方としては毎月得る収入を自分で決めて無料サポートを受けながら稼いでいくValley Deity Pte Ltdのシステムに秘密がありそうです。

副業ということになるので作業はもちろん必要にはなるとは思いますが、スマホかパソコン一台で完結出来るようなので空いた時間を有効活用したり、普段忙しいという人にでも楽しみながら稼げる副業になっている可能性が高いと思われます。

デメリットとして作業時間が取られて取られてしまうことが挙げられそうそうですが副業なのでそこは仕方のない部分です。

逆に考えれば場所を選ばず自宅でもカフェでも空いた時間を利用すれば良いとも考えることが出来るのでデメリットではなくメリットにも感じ取れる内容になっている気がします。

月収を自分で選べるなんて信じられないかもしれませんが、サイレントワーカー(Silent Worker)には独自のシステムがあるからこそそれを実現することが出来るのかもしれませんね。

 

サイレントワーカー(Silent Worker)の無料サポートで安全安心?

サイレントワーカー(Silent Worker)には安心してビジネススタート出来るように無料サポートが用意されているようです。

特に初めて参加する副業であると「何をすれば良いか分からない」「どうやって稼ぐのか分からない」といった悩みや不安が出てくる可能性があります。

無料サポートが用意されていれば困ったことや分からないことでも気軽に質問することが出来るので不安はある程度取り除くことが出来るような気がします。

サポートがある副業とない副業を比べてみてもサポートがあって更に無料であることに越したことはないはずなのでサイレントワーカー(Silent Worker)のサポートサービスは初心者には助かるものになると考えられます。

電話やメール、LINEなどでサポートしてくれることが予想出来るので機械音痴だとしても副業として稼げる可能性も高くなると感じます。

折角のサービスの一つになっているのでサイレントワーカー(Silent Worker)に参加したらサポートを上手く使いながらより多くのお金が稼げるように実践していくのが良いのではないかと思います。

 

サイレントワーカーは詐欺?稼げる月収は40万円!?

サイレントワーカー(Silent Worker)の内容があまりにも副業らしくないのでサイレントワーカー(Silent Worker)を詐欺だと疑っている人がまだいるかもしれません。

サイレントワーカー(Silent Worker)は、月収40万円稼ぐことが可能なようです。

もちろん、誰でも簡単に40万円が稼げるという訳ではなく、先ほども説明した作業が必要にはなってくるようです。

40万円というのはあくまで選べる月収としての一例になっているのでそれより少ない人もいればそれ以上稼げる人もいることにはなりそうですが、特にノルマもないようなので自分のペースに合わせて作業をすることが可能になると思います。

つまり、サイレントワーカー(Silent Worker)を利用することでしっかり稼ぎたい人やお小遣いの足しとして使ったり柔軟に使い分けることも出来るのではないかと感じ取れます。

但し、いきなり月収40万円などを目標にしたりすると稼げなかった場合に挫折したりすることにも為りかねないので無理することなくお小遣い稼ぎする感覚であくまで副業として普段の生活に取り入れていくのが良いと思います。

またサイレントワーカー(Silent Worker)がいくら優秀で便利な副業だからといってもやり方や使い方が分からないと1円たりとも利益にすることは出来ないはずです。

ですが、先ほども説明した通りサイレントワーカー(Silent Worker)には無料サポートも用意されているようなので困ったことがあっても安心だと感じます。

サイレントワーカー(Silent Worker)で稼ぐのを成功させるには最初からあまり大きな目標は設定せずに慣れるまでは自分のペースでコツコツ行っていくことが失敗せずに稼ぐコツのような気がします。

 

サイレントワーカーの安全な登録で3ヶ月間収入保証

サイレントワーカー(Silent Worker)の登録には公式サイトからLINE友だち追加をすれば始めることが出来るようです。

公式LINE@の追加だけなので特に問題なく登録が出来るはずです。

3ヶ月間収入保証もキャンペーンとして用意されているようなのでキャンペーン期間中に登録しておくと良いでしょう。

もちろん、LINE@登録は費用無料ですので万が一、LINEアプリやLINEアカウントを持っていない場合はLINEアカウントを作成して事前に準備して登録しておいた方が良いかもしれません。

このようなサービスもサイレントワーカー(Silent Worker)を始めやすいキャンペーンになっていると思いますので一度登録だけしてみてどのような内容の副業かを確かめてからやるかやらないか決めるのも良いのではないかと感じます。

 

サイレントワーカーの怪しい口コミ評判が嘘の可能性

サイレントワーカー(Silent Worker)に悪評や批判的な意見や口コミがあった場合、「詐欺」「嘘くさい」「怪しい」と決め付けることは出来ません。

その理由としてアフィリエイターの可能性があるからです。

アフィリエイターというのは広告収入(アフィリエイト)で稼いでいる人のことを言います。

サイトやブログを閲覧した際、商材に対して否定的な意見や怪しい評価をしているのを見かけたことがあると思います。

それだけなら問題ないのですが個人のメルマガや自身が稼いでいるFXや別の副業に登録させるフォーム、広告などを貼り付けて誘導するアフィリエイターが多くいるのも事実です。

アフィリエイターというのはそういった別の副業やネットビジネスに登録させることで利益を出しているんです。

利益の為だけに嘘の悪評を広めて注目させることで自身で展開している商材に登録させるアフィリエイターもいるので100%信用するのではなく、他の客観的な意見や口コミ評判も参考にしながら判断していくことが重要だと思います。

 

サイレントワーカー(Silent Worker)は詐欺や嘘の可能性は低いHO MUN EEの副業

サイレントワーカー(Silent Worker)は詐欺なのか怪しい副業なのかを運営事務局のValley Deity Pte Ltdの事業内容、登録方法やキャンペーンなどにもスポットを当ててみてきましたが詐欺や怪しい要素は見つけることが出来ませんでした!

何も知らない状態で副業やネットビジネスを始めようと思うと不安ばかりで躊躇してしまう部分もあるかもしれませんが、こうしてある程度下調べをしておくことで比較的安心して始められるようになると思います。

サイレントワーカー(Silent Worker)はいつまで募集しているか分からない副業になっているので登録するのであれば急いだ方が良いかもしれません。

サイレントワーカー(Silent Worker)なら楽しみながらお金・仕事・将来の不安を消して月収を自分で選べる副業である可能性も高いので他の難しい副業と違って楽に作業が行うことが出来ると感じます。

サイレントワーカー(Silent Worker)という副業について検証してきましたが、他にまた情報などありましたら更新していきます。

 

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ